昭和44年 7月   (株)協電製作所(大阪市)の系列会社として伊万里市黒川町に設立。
資本金1,000万円
取締役社長  前田 司、取締役副社長  山田 俊一
昭和44年 8月   操業開始。巻鉄芯及びカットコアの製造を行なう。
昭和45年 4月   変圧器の製造を始める。
昭和48年 8月   工場拡張のため増築(総床面積  899m2
昭和48年 8月   代表者変更
取締役会長  前田 司、取締役社長  山田 俊一
昭和53年 11月   モールド変圧器の製造を始める。
昭和56年 11月   佐賀県中小企業技術改善費の認定を受け、
モールド高圧変圧器の研究を行なう。
昭和58年 9月   佐賀県中小企業技術改善費の認定を受け、
新素材・アモルファスカットコアの研究を行なう。
昭和60年 6月   伊万里市南波多町に工場用地を取得。(敷地面積  15,000m2
昭和61年 7月   資本金を1,500万円に増額。
昭和61年 8月   変圧器工場を伊万里市南波多町に建設し、
変圧器製造部門を黒川町から移転。(工場面積  2,267m2
昭和62年 7月   資本金を2,000万円に増額。
昭和62年 8月   設計部門にCADを導入。
昭和63年 5月   資本金を2,600万円に増額。
昭和63年 8月   生産管理システムを導入し、受注から出荷までの業務を
コンピュータ化する。
昭和63年 9月   佐賀県の技術開発支援事業の認定を受け、
アモルファス合金積層材の加工用研削盤の開発研究を行なう。
平成元年 6月   資本金を3,400万円に増額。
平成元年 7月   変圧器工場を866m2増築し、3,133m2とする。
平成2年 4月   用地を拡張し、19,297m2とする。
平成2年 6月   資本金を4,800万円に増額。
平成2年 9月   佐賀県中小企業技術改善費の認定を受け、
高周波変圧器の開発研究を行なう。
平成5年 12月   本社業務部・カットコア工場を変圧器工場と同一敷地内に建設し、
黒川町から移転、統合。
平成11年 10月   全自動裁断機を導入し、絶縁物の裁断と内製化を開始。
平成14年 6月   高周波用変圧器、リアクトルの振動騒音測定解析用として
FFTアナライザを導入。
平成14年 7月   ガス濃度検知器付き防災型大型乾燥炉(10.4m3)を導入。
平成14年 8月   第二次生産管理システムを導入し、受注から出荷までの総合業務を
全社ネットワーク上で運用開始する。
平成17年 3月   絶縁システムのUL認定を取得。
昭和44年創業当時
昭和44年創業当時
昭和44年創業当時
変圧器工場・昭和61年8月当時
変圧器工場・昭和61年8月当時
本社業務部・カットコア工場・平成5年12月当時
本社業務部・カットコア工場
平成5年12月当時